馬具ファクトリー・パッカランのご案内

***修理価格改定のご案内***
誠に勝手ながら2022年6月お預かり分から、修理価格を変更させて頂く運びとなりました。
価格維持の為に努力を続けて参りましたが、イギリスより仕入れております原材料の高騰が続き、
従来の価格を維持する事が出来なくなりました。
主な修理品目につきまして以下の通りの価格とさせて頂きます。またこれまで消費税別価格として
おりましたが、今回より消費税込表示に変更させて頂いております。

鞍修理
ロング託革4本交換 \20,000-(税込)から
ショート託革6本交換 \20,000-(税込)から
ショート託革4本交換 \15,000-(税込)から
シート張替 \45,000(税込)-から

腹帯ゴム3重交換 \6,000-(税込)から


<ご注文・お問い合わせ方法>
馬具ファクトリー・パッカランは店舗を構えておりません。
ご注文・お問い合わせはE−mailもしくは電話,FAXにて承ります。
修理個所の画像を添付下されば、より正確なお見積りをさせて戴きます。
メールを書く
所在地〒573-0002 大阪府枚方市出屋敷元町1−47−1
代表坂口 美帆
電話&FAX072−847−8051
am9:00〜pm5:00(祝日を除く月〜金曜日)
※留守電の時は貴方のお電話番号を入れて下さい。こちらからおかけ直し致します。
郵送で修理依頼される方へ
送料は貴方にてご負担願います。
お支払いは 納品後2週間以内に銀行振り込みにてお願い致します。お振込みの際の手数料は貴方にてご負担願います。
<オーナーズ プロフィール>
馬具職人。
この職業に憧れを抱いたのは15年前、大学の馬術部時代のことでした。
毎日の練習で鞍も頭絡もほつれたり破れたり、日常茶飯事。
修理に出したくても代わりの馬具が無い!(ついでにお金も無い!)
自己流で修理してみたものの、決して満足出来るものではありませんでした。

大学卒業後はごく普通の会社員をしながら週末に乗馬を楽しんでいました。
しかし馬具職人への憧れを捨て切れず、とうとう会社を辞めて単身カナダへ!
馬具メーカーにて職人の元、マンツーマンでウェスタン馬具一式の製作を学びました。
そしてその10ヵ月後、ケンブリッジ コードワイナーズ大学イングリッシュサドル製作学科の先生の元でイングリッシュサドル製作を学びました。
また革という素材を勉強する為、大阪府立産業技術総合研究所皮革試験所に研修生として2ヶ月余通所し革の特性,なめし,染色等について学びました。
<オーナーズ メッセージ>
馬具は決して安い買い物ではありません。
また、使い込むほどに馴染んできた馬具をあなたは安易に買い替えますか?
愛用の馬具をどのように修理・製作して欲しいか、遠慮なくご依頼下さい。
馬具ファクトリー・パッカランは、お客様のニーズに限りなく近い「仕事」をさせて頂きます。

修理のためのお預かり期間や価格についてもご相談させていただきます。